人気のプエラリア!バストアップに有効なクリームの成分とは

プエラリアを配合したバストアップクリームは非常に人気が高く、その理由は3つに分けられます。
理由はマッサージで使いやすい使用感、バストアップ効果がしっかり出ること、美肌効果があることです。
元々プエラリアというのはタイ北部、ミャンマーの山岳地帯など、亜熱帯の区域に自生しているマメ科の植物です。
根本が大きな塊でできており、ここに女性ホルモン様作用のある植物性エストロゲンやイソフラボンが豊富に含まれています。
日本では大豆や豆腐などの大豆製品にイソフラボンが豊富に含まれていることが知られていますが、プエラリアは実に40倍ものイソフラボンを含んでいることになります。
イソフラボンは植物性エストロゲンとも言われており、女性ホルモンの活性化には欠かせないのです。

さらにイソフラボンの1000倍のエストロゲン活性効果があるミロエステロールという成分、イソフラボンの10000倍のエストロゲン活性効果があるデオキシミロエステロールが含まれています。
イソフラボンの効果は、日本でも広く知られていますから、これら2つにどのくらい大きな効果があるかは容易に想像できることでしょう。
プエラリアが見つかったのはタイビルマの旧首都にある寺院にあった古文書からで、1920年ごろから脚光を浴び始めました。
この理由としては、古文書にプエラリアには美肌、若返り、豊胸、滋養強壮効果があるということが書かれていたからです。

プエラリアの種類としては、グワオーデンの赤色、グアオークルアの白色、グワオーダムの黒色があり、形などは和菓子に使われる吉野葛とよく似ています。
中でも白いグアオークルアはタイでは若返る効果があるとして、珍重されてきています。
アンチエイジング効果として、タイではバストアップ効果以上に人気があります。
このプエラリアが現在バストアップクリームに豊富に含まれており、女性が抱えるバストに対する悩みを解決していってくれるのです。

このページの先頭へ